法律の相談をしたい方におすすめの機関が法テラスです。 通称、法テラスと呼ばれているのです。でも、正式名称は日本司法支援センターと言います。 借金のことなど、多重債務者が相談できるようになっていて、債務整理をする際、法テラスで相談したという体験談は多いです。 今回の体験談は、30代男性です。サラリーマン。 借り入れ総額はクレジット会社や消費者記入で合計400万、それを債務整理し、任意整理で完済したというケースです。 借り入れの目的は、ショッピングや、飲みに行ったり、遊びに出かけたりの娯楽用だったとのことでした。 突然、リストラされ、収入がなくなり、毎月の返済額の8万円を返すことができなくなったそうです。 どの業者からも催促が出て、さらに、一括返済を求められて、どうにもならず、債務整理を決心します。 任意整理という方法を選んだのは、任意整理をした後は、利息がつかないため、数年間かけて、現在の負債を完済することが可能なのでです。 また、任意整理は、裁判所を通さないのです。だから弁護士さんなどに、代理を依頼すれば手続きが完了します。 ただ、任意整理は、自己破産した方が信用情報機関に登録されることと同じように、ブラックリストに載ります。 5年から10年はクレジットカードを作ることはできなくなります。そして、新しくローンを組むこともまず不できるのです。 借金の返済で苦しむ方が、法テラスで相談したという体験談は多いですし、債務整理をしたいと思ったときに、とりあえず法テラスに行ったという方も多いです。

コメントは停止中です。